カナダ、2021年までに使い捨てプラスチックを禁止へ

カナダは、プラスチック袋など使い捨てのプラスチック製品を2021年までに禁止する方針を打ち出した/Fiona Goodall/Getty Images AsiaPac/Getty Images

カナダは、プラスチック袋など使い捨てのプラスチック製品を2021年までに禁止する方針を打ち出した/Fiona Goodall/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) カナダのトルドー首相は10日、使い捨てプラスチック製品の使用を2021年までに禁止すると表明した。

プラスチック袋やストロー、食卓用ナイフやフォーク、スプーンなどが禁止対象となる。

トルドー氏はプラスチックごみによる環境汚染問題が深刻化する一方、国内で現在リサイクルされているプラスチック製品は10%にも満たないと指摘。「このままでは30年までに、国民が捨てるプラスチックは年間110億カナダドル(約9000億円)相当に達する」との見通しを示した。

カナダ政府は今後、プラスチック製品を製造または使用する企業と協力していく構えだ。

同国政府の調査によると、世界では毎年、100万羽の鳥類と10万頭以上の海洋ほ乳類がプラスチックをえさと間違えて傷ついたり、死んだりしている。

使い捨てプラスチックをめぐっては、欧州議会でも今年3月、禁止法案が可決された。英国政府も5月、20年までに禁止する方針を発表した。

一方、中国がプラスチックごみの輸入を禁止したのに続いて、マレーシアやフィリピンは最近、カナダを含む先進諸国から運び込まれるプラスチックごみを送り返す措置を発表している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]