香港、中国国歌への侮辱禁じる条例制定へ 違反者に禁錮刑も

サッカーの試合、中国国歌を罵倒する香港サポーター

香港(CNN) 香港の立法会(議会)で23日、中国国歌「義勇軍行進曲」への侮辱行為を禁止する条例案の審議が始まった。条例案は可決される見通しだが、香港基本法(憲法に相当)で保障された言論の自由が侵されると憂慮する声もある。

香港ではサッカーの試合などで中国の国歌にブーイングを浴びせるファンらが目立ち、中国政府が懸念を示してきた。

条例案ではこうした行為に対し、最大で禁錮3年の罰則が設けられる。

インターナショナルスクールを含む学校でも国歌を教えることが義務付けられる。

中国本土では2017年、国歌への侮辱行為を禁じる「国歌法」が制定され、全国人民代表大会(国会に相当)で香港にも導入を義務付けることが決まっていた。

香港の立法会は親中派が過半数を占めているため、条例案の成立は確実とみられている。

これに対して香港の民主派からは、「侮辱行為の意味があいまいで自己検閲の強化につながる」「国歌への敬意を義務付けるというが、敬意を力ずくで押し付けることは不可能だ」など、反発の声が上がっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]