115年連れ添ったカメの夫婦が「離婚」、 「もう顔を見るのも嫌」

オーストリアの動物園で飼育されているゾウガメの「夫婦」が115年間連れ添ったのちに「離婚」することになった。飼育係によると、最初にメスのビビがオスのポルディの甲羅に噛みつくなど攻撃するようになり、そのうちに顔を見るのも嫌な様子を見せ始めたため、別々で飼育せざるをえない状況になったという

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]