車が歩行者に突入、男逮捕 イスラム教徒狙った可能性 米警察

26日に出廷したアイゼイア・ジョエル・ピープルズ容疑者/Pool

26日に出廷したアイゼイア・ジョエル・ピープルズ容疑者/Pool

(CNN) 米カリフォルニア州サニーベールで男が車で歩行者に突っ込む事件があり、地元警察は26日、逮捕した男がイスラム教徒を狙っていたとの見方を示した。

事件は23日夕に発生。アイゼイア・ジョエル・ピープルズ容疑者(34)が殺人未遂の疑いで訴追された。有罪となった場合、最高で終身刑を言い渡される可能性がある。

警察によると、ピープルズ容疑者は事件当日、聖書研究会に向かう途中で歩行者をはねた。被害者は9~52歳の男女で、26日時点でも少なくとも13歳の少女1人が入院している。少女は重体。

警察は目撃者の話として、事件直後にピープルズ容疑者が神かイエス・キリストへの感謝とみられる言葉を口にしていたと明らかにした。逮捕時にはそのような行動は示していないという。

新たな証拠を分析した結果、男が特定の人種を狙って犯行に及んだことも判明したとしている。証拠の内容や捜査の詳細については明かさなかった。

ピープルズ容疑者は26日に短時間出廷した。囚人服に身を包み、傍聴席に何度か視線を向けていた。

ピープルズ容疑者の弁護士は罪状の認否を明らかにせず、日取りを遅らせるよう要請した。容疑者は信仰心が厚く、負傷者のために祈りを捧げているとしている。意図的な行為ではなく精神疾患が要因だとも主張した。容疑者は来月16日に再出廷する予定。

同州サンタクララ郡の検察は、ヘイトクライム(憎悪犯罪)と認定する可能性を排除しなかった。

ピープルズ容疑者はサニーベール在住でサンフランシスコ生まれ。2004年から06年にかけて陸軍で従軍した後、名誉除隊となり、08年まで陸軍予備役だった。最近は国防総省から会計監査の仕事を請け負っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]