インスタグラム、「休憩」促す機能を導入 米英などから順次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インスタグラムが利用者に「休憩」を促す機能を導入した/Fabian Sommer/picture alliance/Getty Images

インスタグラムが利用者に「休憩」を促す機能を導入した/Fabian Sommer/picture alliance/Getty Images

(CNN Business) SNS大手のインスタグラムが、一定の利用時間を超えたユーザーに休憩を促す機能を導入した。

新たな機能は今年9月に発表されていた。7日にまず米国、英国、カナダ、オーストラリアのユーザーを対象に開始し、今後数カ月で全世界に拡大する。

設定画面で機能のスイッチをオンにする際、休憩までの時間を10分、20分、30分のどれかに設定できる。時間がくると画面全体に、アプリを閉じて深呼吸する、手で文字を書く、やるべきことのリストをチェックする、音楽を聴くといった気分転換を勧めるメッセージが表示される。

CNN Businessが事前に試したところ、改善の余地もあることが分かった。トイレに行く時いったんアプリを閉じたり、別のサイトをのぞくために画面を消したりすると、タイマーはリセットされてしまう。メッセージの下にある大きな「完了」ボタンをタッチすれば、無視して利用を再開することも簡単にできる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]