トランプ次期大統領がワシントン入り、20日正式就任へ

米大統領就任式、過去の演説を見る

ワシントン(CNN) 米国のドナルド・トランプ次期大統領が首都ワシントンに到着した。テレビのリアリティー番組で名をはせた不動産王が、20日正午に開かれる就任式で宣誓を行い、正式に大統領に就任する。

トランプ氏と副大統領となるマイク・ペンス氏は、就任式に続いてワシントン市内をパレードする。週末にはパーティーに出席し、23日に一連の新大統領令を出す見通しだ。

19日に開かれた就任前夜のコンサートで演説したトランプ氏は、「全ての国民のために米国を素晴らしい国にする」と宣言した。

オバマ大統領は最後の1日となった19日、終日をホワイトハウスで過ごし、職員から別れの挨拶(あいさつ)を受けた。

就任式に備えて議事堂周辺にはバリケードが張り巡らされ、市中心部は通行規制が敷かれた。トランプ氏やオバマ氏が出席する行事の会場周辺ではシークレットサービスが厳重な警備を固めている。地下鉄は5駅が封鎖された。

議事堂周辺では終日、小規模のデモも行われている。

天気予報によれば20日は雨が降る見通し。国立公園局は長傘の使用を禁止する一方で、折り畳み傘の持ち込みは認める方針を決めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]