トランプ氏、北朝鮮に20歩入境 現職大統領として初

トランプ氏は現職の米大統領として初めて北朝鮮に入境した/Brendan Smialowski/AFP/Getty Images

トランプ氏は現職の米大統領として初めて北朝鮮に入境した/Brendan Smialowski/AFP/Getty Images

ソウル(CNN) 米国のドナルド・トランプ大統領は6月30日、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線の非武装地帯(DMZ)で北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と握手をかわすと、現職の米大統領として初めて北朝鮮に足を踏み入れた。

トランプ氏は現地時間午後3時45分ごろ、笑顔を見せる金委員長とともに、南北を隔てる境界を越えた。北朝鮮は長い間、国際社会から核開発の野望を抱き人権を弾圧する国とみられてきた。

トランプ氏は金委員長との会談後、非核化をめぐる実務者協議の復活で金委員長と合意したと発表した。核協議は今年2月に行われた2回目の米朝首脳会談後、暗礁に乗り上げていた。

3度目となった米朝首脳会談の前日に、トランプ氏はツイッターを通じて金委員長に会談を呼び掛け、北朝鮮に足を踏み入れることについて「問題ない」との認識を示していた。

トランプ氏は握手をかわした後、金委員長に対し「国境線を越えてほしいですか」と尋ねていた。

トランプ氏と金委員長は北朝鮮側でも握手をし、約1分後、韓国側に戻った。

金委員長は、「あなたとこの場所で会えるとは思っていなかった」と述べた。トランプ氏は「境界線を越えたことを誇りに思う」と語り、金委員長に謝意を示した。

トランプ氏は金委員長をホワイトハウスに招待したが、その後、すぐに実現するとは考えていないとの見方を示した。

金委員長はトランプ氏からの会談の申し出について驚いたと振り返った。金委員長は、DMZで会うことで、過去に敵対した米朝だが、両国は前向きな会談を行えると国際社会に示すことができると考えたと述べた。

トランプ氏と金委員長はその後、板門店の韓国側施設「自由の家」で1時間弱の会談を非公開で行った。トランプ氏は当初、金委員長との対面は握手をかわす程度のものになるとの見方を示していたが、それ以上の中身があったようだ。

ただ、今回の会談は緊張をはらんだ米朝関係にとって画期的な出来事といえるが、両国の信頼関係を示したということ以上についてははっきりしない。

核協議の再開で合意したこと以外に何らかの新たな約束がなされたのかは見えてこない。トランプ氏自身も北朝鮮から核兵器を排除することを急いでいないとの姿勢を示している。

トランプ氏によれば、数週間以内に実務者レベルでの交渉が始まる見通し。トランプ氏によれば、米国側はビーガン北朝鮮政策特別代表がチームを率いる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]