金委員長が文大統領に親書、再会談に意欲

金正恩朝鮮労働党委員長から文在寅大統領宛てに届いた親書/Office of Moon Jae-in

金正恩朝鮮労働党委員長から文在寅大統領宛てに届いた親書/Office of Moon Jae-in

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は31日までに、文在寅(ムンジェイン)大統領宛てに異例の親書を送った。2019年に改めて南北首脳会談を行い、朝鮮半島非核化について話し合いたい考えを表明した。

韓国大統領府が発表した。これによると、金委員長は親書で、平和と繁栄に向けて共に協力していくことに意欲を示した。

また、3度目の南北首脳会談で合意した年内のソウル訪問が実現しなかったことを残念に思うと述べる一方、将来的な訪問に強い意欲をみせた。

これに対し、文大統領はソーシャルメディアで、金委員長が来年頻繁に会って平和と繁栄、非核化の問題を解決していく意思を示したことが「非常にうれしい」と述べた。

そのうえで「我々が真摯(しんし)に会談すれば、実現できないことはない」「ここに至るまでの道のりは長かったが、1年間で情勢が大きく変わった」と説明。来年も会談を行いたい考えを表明し、訪韓を歓迎する姿勢は「変わらない」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]