シンガポールの外国人家政婦、60%が雇用主から搾取被害

2017.11.30 Thu posted at 11:22 JST

[PR]

(CNN) シンガポールで住み込みの家政婦として働く外国人のうち約60%は雇用主に搾取されているという実態が、民間コンサルティング機関「リサーチ・アクロス・ボーダーズ」の調査報告で分かった。

同国ではフィリピンやインドネシア出身の若い女性らが住み込みで家事や子どもの世話をする仕事に就いているが、調査では低賃金や労働時間の長さ、心身両面の暴力を訴える声が目立った。

調査チームは800人近い家政婦と80人の雇い主を対象に聞き取り調査を実施した。この結果がシンガポール全体の現状を反映しているとすれば、14万人以上の家政婦が搾取的な条件の下で労働を強いられていることになるという。

調査対象になった家政婦のうち、労働時間または日数が多すぎると答えた人が少なくとも9割、生活環境が悪かったり、給料を全くあるいはほとんどもらっていなかったりする人は3割を超えた。

1日の労働時間が12時間を超える人は84%、週1回の休日も働かされると答えた人は41%に上っている。監視カメラで見張られているとの回答も3分の1を占めた。

リサーチ・アクロス・ボーダーズの責任者はこの結果に「衝撃を受けている」としたうえで、調査で判明したことは「氷山の一角」にすぎないと指摘した。

対象者の3分の1は、家族で唯一の稼ぎ手だったという。働いて仕送りしなければ、家族が食べていけない状況だ。

メールマガジン

[PR]