エリック・クラプトン、「聴力の悪化」を告白

2018.01.13 Sat posted at 17:44 JST

[PR]

(CNN) ギターの名手としても知られる英国のミュージシャンのエリック・クラプトンさん(72)は13日までに、聴力が悪化する症状に襲われていることを打ち明けた。英BBC2放送との会見で述べた。

ライブ公演は今後も続ける考えを示しながらも、高齢の影響についての不安も明かした。「聴く力を失っている。耳鳴りが起きてもいる。ただ、手はまだ動いているけど」などと語った。

クラプトンさんが最後に出したアルバムは2016年の「I Still Do」。米誌ローリング・ストーンとの昨年12月の会見では、同アルバムを制作中の健康問題に触れ、湿疹に悩まされ、手の平に症状が出たことなどを告白。手袋をはめてギターを弾く状態に追い込まれていたことも明かした。

メールマガジン

[PR]