カブスが108年ぶりの優勝、インディアンス下す MLB

2016.11.03 Thu posted at 15:31 JST

[PR]

(CNN) 米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は2日、クリーブランドで第7戦が戦われ、シカゴ・カブス(ナ・リーグ)がクリーブランド・インディアンス(ア・リーグ)を延長十回、8―7で下し、対戦成績を4勝3敗として優勝を果たした。カブスのワールドシリーズ制覇は3度目。前回優勝したのは1908年と、実に108年ぶりの優勝となった。

試合は八回までカブスが6―3でリードしていたが、ここから粘るインディアンスが同点に追いついて延長戦にもつれ込んだ。逆転を狙うインディアンスだったが降雨による17分間の中断の後試合が再開すると十回にカブスが攻勢に出る。ゾブリストとモンテロのタイムリーで2点を勝ち越すと、その裏のインディアンスの攻撃を1点に抑えて接戦を制した。

シリーズMVP(最優秀選手)にはゾブリストが選ばれた。

今回カブスは対戦成績1勝3敗からの逆転で優勝。これは1985年のカンザスシティー・ロイヤルズ以来の記録だ。また最後の2連戦を敵地で勝利したのは、79年のピッツバーグ・パイレーツ以来初めてとなる。

ワールドシリーズ決勝で敗れたインディアンスは、3度目となる68年ぶりの優勝にあと一歩届かなかった。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!