犬は飼い主が思うほど賢くない――認知力比較で結論

他の動物と比較して犬の認知能力は特段優れているわけではないとの研究結果が出た/TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images

他の動物と比較して犬の認知能力は特段優れているわけではないとの研究結果が出た/TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images

(CNN) 犬は本当に、飼い主が思っているほど賢い動物なのか――。そんなテーマについて研究した論文が、このほど学術誌に発表された。

研究チームが出した答えは残念ながら、飼い主の期待に沿う内容ではなかった。

この研究では、ほかの動物にはない特別な能力が犬にあるのかどうかを探るため、感覚認知、物理認知、空間認知、社会認知および自己認識の能力について、オオカミ、猫、イルカ、チンパンジー、ブタ、ハトといった動物の行動について調べた情報と比較した。

その結果達したのは、「犬の認知力が並外れているとは思えない」という結論だった。

犬の認知力は猫に比べて高いとはいえず、良いことをするとご褒美がもらえると認識する能力は猫やオオカミやハトと同程度だった。

物理認知力(周りの物体に対する行動や理解)は取り立てて優れてはいないものの、社会認知力に関しては、特に人からの合図に対する反応では、少なくとも平均並みだった。

「幅広い種との比較を考慮すると、現時点で犬を特別視する理由はない」と研究チームは指摘している。

それでも飼い主が犬を特別と思う理由については、自分に対する自意識の高さを飼い犬に反映させているのではないかと指摘する研究もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]