流れにくいトイレ、タンク開けたら中にヘビ4匹 豪

流れの悪いトイレのタンクを開けたところ、中にヘビが4匹/Courtesy Sofie Pearson

流れの悪いトイレのタンクを開けたところ、中にヘビが4匹/Courtesy Sofie Pearson

(CNN) オーストラリア北東部クイーンズランド州でこのほど、トイレの水が流れにくいのを不審に思った女性が貯水タンクを開けたところ、中に4匹のヘビが丸まっているのを見つける出来事があった。

同州北部の農場に住むソフィ・ピアソンさん(25)はCNN系列局7ニュースの取材に対し、23日にトイレに行った際、ボタンを強く押さないと水が流れなかったと証言。「少し混乱した」「そこでタンクのふたを外して、何が問題なのか確認してみようと思った」と振り返る。

ふたを開けてみると、中には「コモンツリー・スネーク」と呼ばれるヘビが4匹ひそんでいた。最も大きな個体は体長1メートルだったという。

クイーンズランド州環境当局によると、コモンツリー・スネークはカエルやトカゲを主な餌とする種で、毒は持たない。通常は木の幹にできた穴や岩の割れ目、茂みで眠る。

ピアソンさんはヘビの様子を写真や動画に収めると、男性の友人に電話して助けを求めた。「彼はやって来て、ヘビを取り除いてくれた。私はどうしても触れなかったから」

7ニュースによると、ヘビはこの友人が近隣の畑に無傷の状態で放したという。

ピアソンさんが自宅でヘビを見つけるのは今回が初めてではなく、1カ月あまり前にもトイレに隣接するバスルームで別の個体を発見したばかりだった。

これらのヘビが自宅に侵入した経路について、ピアソンさんは床板の裂け目から入り込んだのでないかと推測している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]