米軍主導のシリア空爆、戦争犯罪の可能性

2018.06.07 Thu posted at 12:01 JST

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、米軍率いる有志連合が1年前に行ったシリアのラッカ空爆について、国際人道法に抵触し、戦争犯罪に該当する可能性があるとする報告書をまとめた

メールマガジン
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。 [ 閉じる ]