ロシア機墜落、機内にISISの爆弾の可能性 米当局者

2015.11.05 Thu posted at 10:42 JST

[PR]

(CNN) 米当局者は4日、エジプトで墜落したロシアの旅客機について、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」か系列組織によって爆弾を仕掛けられたとの見方を強めていることを明らかにした。

英国のハモンド外相も、同機が爆発物によって墜落したことをうかがわせる「重大な可能性」が浮上したと指摘。中東の関係者も、同機に爆弾が仕掛けられていた可能性が高いと思われると語った。

ロシアのコガリムアビア航空9268便は10月31日、エジプトのシャルムエルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクに向かう途中で空中分解してシナイ半島に墜落し、搭乗していた224人全員が死亡した。

直後にISISが犯行声明を出していたが、当局はこれまでテロの可能性を否定していた。

しかしある米当局者は、これまでに収集した情報を分析した結果、ISISか系列組織が同機に仕掛けた爆弾が爆発した可能性が最も高いことが分かったといい、「同機の荷物などに爆発物が仕掛けられたとの確信がある」と説明。墜落前に収集された情報と以後の情報をさかのぼって分析した結果、「シナイ半島で注目すべき動きがあったことが分かった」とした。ただしまだ米情報機関が正式な結論を出すには至っていないと強調している。

シャルムエルシェイクの空港で何者かが同機に爆弾を仕掛ける手助けをしたとの説も浮上した。別の米当局者は、「この空港は警備が手薄なことで有名だ」「誰かが空港で手助けしたことをうかがわせる情報がある」と話した。

ISISの関与については、犯行声明とは別に、組織内で交わされたやり取りを監視した結果などから、同組織絡みの犯行と判断したという。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!