中国の地方債務残高、約310兆円を突破

2013.12.31 Tue posted at 14:24 JST

[PR]

香港(CNNMoney) 中国審計署(会計検査院に相当)は30日、今年6月末時点の地方政府の債務残高が約17兆9000億元(約310兆円)に達したと発表した。

地方債務は2010年末の10兆7000億元から大幅に増加したことになる。審計署は、債務は依然として制御可能な水準だとしており、中国共産党幹部らがここ数カ月間に述べてきた見解と同様の見方を示した。

今のところ中国の地方債務は、米国や英国、フランス、日本、ドイツ、スペインといった先進諸国の規模を下回っているが、懸念されるのはその増加のペースだ。

中国の地方政府は、景気減速を食い止めるための大規模なインフラ・プロジェクトの資金調達のため借金を重ね、その結果、信用が拡大した。地方債務の増加は、この信用拡大というより大きな問題の一部にすぎない。

信用の拡大が懸念されるのは、これまで他の新興市場で信用の急拡大が金融危機を招いてきたためだ。中国政府はこれまで債務は管理可能な水準だと繰り返し述べてきたが、債務増加を食い止める有効な政策を打ち出せていないのが現状だ。

そんな中、中国の全体的な成長は減速し続けている。中国国営新華社通信は先週、中国の2013年の国内総生産(GDP)成長率は7.6%になる見込みだと報じた。この数字は政府目標の7.5%をやや上回るものの、GDP成長率は10年が10.4%、11年が9.3%、12年が7.8%と年々鈍化している。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!