ホーキング氏、「技術の進歩で格差広がる」 IT業界は反論

2015.10.14 Wed posted at 14:58 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 英国の理論物理学者で作家としても有名なスティーブン・ホーキング氏が、貧富の格差拡大の一因は技術の進展にあるとの理論を展開し、米シリコンバレーの起業家らの間で物議を醸している。

ホーキング氏はこのほど開かれた米ソーシャルメディア「レディット」のイベントで「もし機械の作り出す富が共有されれば、誰もが優雅な生活を満喫できる。だが機械の所有者が富の再配分反対を唱えるロビー活動を成功させれば、ほとんどの人はみじめな貧困に追い込まれる」と指摘した。

その上で「これまでのところ、トレンドは後者に向かっているようだ」と付け加えた。

これに対してハイテク業界は反論の声を上げる。シリコンバレーの代表的起業家、マーク・アンドリーセン氏はツイッターに、「何百年も前から、機械のせいで仕事が減ると主張する人は頭が悪いとみなされてきた」と投稿。「誰かホーキング氏に経済学の教科書を買ってあげてほしい」といった趣旨の発言まで公開した。

シリコンバレーではハイテク企業に勤める裕福な若者と、サンフランシスコの低所得層との格差が拡大し、格差問題は経済学者の間でも論議になっている。しかしほとんどの専門家は今回の論争について、ホーキング氏に軍配を上げる。

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院で教えるエリック・ブリュンヨルフソン教授は、MITテクノロジー・レビュー誌に対し「私が資料を分析した限りでは、最近の格差拡大を加速させた最大の要因はテクノロジーだ」と解説している。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!