22光年先の3惑星に生命存在可能な環境か

2013.06.27 Thu posted at 11:59 JST

[PR]

(CNN) ドイツ・ゲッティンゲン大学の研究者らは26日、地球から22光年の距離にある恒星を回る3つの惑星が、生命が生存できる環境にある可能性があることがわかったと学会誌で発表した。

研究チームによると、この3個の惑星は、「グリーゼ667C」という恒星の周りを周回しており、質量は地球の4~8倍。いずれも地表を持つ可能性があり、恒星との適度な距離があって液体の水が存在し得る「ハビタブルゾーン」にある。中でも1個は生命存在の条件が整っている可能性が「極めて高い」と専門家は指摘する。

1つの恒星系で見つかったハビタブルゾーンの惑星の数としては、これまでで最も多いという。グリーゼ667Cはこの3個を含め、最大7個の惑星を持つとみられる。

研究チームはW・M・ケック天文台とマゼラン望遠鏡を使ってこの恒星系を観測した。

グリーゼ667Cの質量は太陽の3分の1程度、放射するエネルギーは2%程度。ハビタブルゾーンの惑星との距離は、太陽系でいえば太陽と水星の距離に相当するといい、太陽系に比べると極めて近い。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!