採用面接で聞かれた変わった質問10選

2016.06.04 Sat posted at 22:23 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 採用面接はイライラすることが多い。

汗ばんだ手での握手に息苦しいスーツ、自分の売り込みに給料の交渉、そして極め付けは面接担当者からの予想外の質問だ。

社員などが企業のレビューを投稿する転職者向け企業口コミサイト「グラスドア」の求人・人材獲得部門トップ、スーザン・アンダーウッド氏は、求職者が面接で予想外の質問をされた時、最もやってはいけないのはパニックに陥ることだと語る。

企業が面接で予想外の質問をする時は、求職者の人柄、職場体験、問題解決能力を評価しているようだ。

就職面接で実際に聞かれた変わった質問をいくつか紹介しよう。

1.「ホットドッグが大きくなったら、どちらの方向に裂け目が入るか。その理由は」
――スペースX、推進機構アナリスト

会社は求職者の料理に関する知識に興味があるわけではない。

採用責任者は求職者の問題評価や解決能力を見極めようとしているのだろうとアンダーウッド氏は言う。

「私が求職者だったら、逆に面接担当者に(考慮すべき)変数を聞くなど、いくつか質問を返すだろう」(アンダーウッド氏)

2.「戦うなら、馬サイズのアヒル1匹とアヒルサイズの馬100頭のどちらを選ぶか」
――ホール・フーズ・マーケット、食肉処理担当者

恐らくこの質問の意図は、求職者が課題をどう捉えるのか、1つの大きな仕事と多くの小さな仕事のどちらを好むかを知ることにあるだろう。

通常、この種の質問には正解も不正解もないことを覚えておいた方がいい。「これらの質問は、求職者の思考過程や人柄を理解するのが目的だ」(アンダーウッド氏)


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!