フロリダ銃乱射事件の容疑者、ディズニー施設も「下見」

2016.06.15 Wed posted at 10:28 JST

[PR]

(CNN) 米国史上最悪の49人の犠牲者を出したフロリダ州オーランドの銃乱射事件で、死亡したオマル・マティーン容疑者が事前に事件現場となったナイトクラブや近くにあるウォルト・ディズニー・ワールドを訪れ、下見をしていたと見られることが分かった。捜査当局者が14日に明らかにした。

事件はオーランドのナイトクラブ「パルス」で12日未明に発生。負傷した53人のうち、まだ28人は入院中で、少なくとも4人が重体になっている。

当局者によると、マティーン容疑者は1~6日にかけて事件現場となったパルスと、ディズニー・ワールドのショッピング街「ディズニー・スプリングス」に出かけていた。当局はこれまでの捜査から、下見が目的だったとの見方を強めている。

ディズニーの警備担当者が米連邦捜査局(FBI)に語ったところでは、マティーン容疑者はその1カ月ほど前の4月26日にもディズニー・ワールドへ出かけていた。この時は妻も一緒だったことから、夫の意図を知っていたのかどうかについて、当局は妻からも事情を聴いている。

同容疑者が犯行に使った銃を購入したのは、下見に出かけたのと同時期の6月上旬だった。

犯行当日の12日は、銃乱射事件を起こす数時間前に再度ディズニー・スプリングスを訪れていたことも判明。この時は1人だったという。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!