テロ現場にバンクシーが描いた作品窃盗、男8人に有罪判決 パリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バンクシーによって描かれたとみられる作品=25日、フランス・パリ/THOMAS SAMSON/AFP via Getty Images

バンクシーによって描かれたとみられる作品=25日、フランス・パリ/THOMAS SAMSON/AFP via Getty Images

パリ(CNN) 2015年11月に起きたパリ同時テロの犯行現場の1つ、バタクラン劇場に覆面アーティストのバンクシーが残した作品が盗まれた事件で、窃盗にかかわった罪に問われた男8人が23日、パリの裁判所で有罪判決を言い渡された。

「悲しい少女」と呼ばれる作品は、テロで命を落とした犠牲者への追悼を込め、バタクラン劇場の出口の扉に描かれていた。この事件については過激派組織イラク・シリア・イスラム国(ISIS)が犯行を認める声明を出している。

白黒の作品に描かれたベール姿の女性は、悲しそうな様子でうつむいていた。

裁判所の広報によると、有罪判決を受けたのはフランス国籍の男7人とイタリア国籍の男1人で、最大で2年の禁錮を言い渡された。いずれも実際には服役せず、電子ブレスレットを装着される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]