「習主席は賢くない」と言った中国人権活動家、国家転覆罪で裁判に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
許志永氏=2009年7月17日、中国・北京/Greg Baker/AP

許志永氏=2009年7月17日、中国・北京/Greg Baker/AP

(CNN) 中国の習近平(シーチンピン)国家主席を「あまり賢くない」と形容して辞職を求めた著名人権活動家で法学者の許志永氏(49)が22日、国家政権転覆罪に問われて非公開の裁判にかけられた。

中国東部・山東省の裁判所で開かれた公判で、許氏は無罪を主張した。「国家機密にかかわる」という理由から、公判は非公開とされた。

関係者によると、裁判所はこの日の公判の最後に、後日判決を発表すると告げた。

支援者や人権団体はこの裁判について「著しく不当」だと訴え、国家政権転覆罪については「でっち上げ」と主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]