ウクライナ人ジャーナリスト、「ロシア軍が処刑」 国境なき記者団発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウクライナのジャーナリスト、マクシム・レビン氏=1月25日、ウクライナ東部ドネツク州/Stanislav Kozliuk/Reuters

ウクライナのジャーナリスト、マクシム・レビン氏=1月25日、ウクライナ東部ドネツク州/Stanislav Kozliuk/Reuters

ロンドン(CNN Business) 国際NGOの国境なき記者団(RSF)は、ウクライナのジャーナリスト、マクシム・レビン氏がロシア兵によって処刑された証拠が見つかったと発表した。

レビン氏は、ロイター通信や英BBCなど西側の報道機関多数と契約していたフォトジャーナリスト。ロシア軍によるキーウ(キエフ)攻撃を取材していた3月13日に行方が分からなくなり、4月1日に遺体で発見された。国境なき記者団によれば、同氏は3月13日に処刑されていた。

RSFは調査員2人を5月24日~6月3日までウクライナに派遣して調べた結果、レビン氏は一緒にいた友人とともに、ロシア軍によって処刑されたとの結論に至ったと発表。「ロシア軍に対する圧倒的な証拠がある」とした。

RSFによれば、現場では複数の銃弾や薬莢(やっきょう)が見つかったほか、レビン氏と一緒にいた友人および兵士の身分証明証を発見。乗っていた車には14発の銃弾の痕が残っていた。犯行現場付近にロシア兵がいたことを裏付けるDNAを採取できそうな複数の証拠品も発見。レビン氏の遺体発見場所のすぐ近くで見つかった1発の銃弾は極めて重要な証拠になるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]