アフガニスタン東部でM5.9の地震、255人死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホースト州の農地や住宅=2013年/Victor J. Blue/Bloomberg/Getty Images

ホースト州の農地や住宅=2013年/Victor J. Blue/Bloomberg/Getty Images

(CNN) アフガニスタン東部で22日、マグニチュード(M)5.9の地震があり、少なくとも255人が死亡し、数百人が負傷した。国営バフタル通信が伝えた。

米地質調査所(USGS)によれば、地震は午前1時24分ごろ、パキスタンとの国境に近いホースト市の南西約46キロの地点で発生した。震源の深さは約10キロ。

バフタル通信によれば、パクティカ州の各地で死傷者が報告されており、負傷者は500人以上に上るという。CNNはバフタル通信の報道内容を独自に確認できていない。

世界保健機関(WHO)は22日、ツイッターへの投稿で、WHOのチームが現場で医療品の提供や治療、必要なものの算定などの緊急対応を行っていると明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]