マリウポリの「リゾートタウン」計画に言及、親ロシア派勢力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9日、マリウポリで戦勝記念日の式典に参加するデニス・プシリン氏(中央)/Alexander Ermochenko/Reuters

9日、マリウポリで戦勝記念日の式典に参加するデニス・プシリン氏(中央)/Alexander Ermochenko/Reuters

(CNN) ウクライナ東部ドネツク州に拠点を築く親ロシア派武装勢力が名乗る「ドネツク人民共和国」のトップであるデニス・プシリン氏は12日までに、同州の主要都市マリウポリを「リゾートタウン」に変貌(へんぼう)させる計画を明らかにした。

旧ソ連の第2次世界大戦の対ドイツ戦勝記念日に伴う行事に出席して述べた。「ロシアは永遠にここにおり、永遠にドネツク人民共和国の領土である。誰も奪い取ることは出来ない」と主張。

ロシア国営タス通信によると、「我々は力や機会、ロシアという最も大きい素晴らしい国の支援を得ている」と同市住民に強調。「この街を以前にはあり得なかった計画であるリゾートシティーにするのが責務」と続けた。

マリウポリはウクライナ南東部に位置する要衝の港湾都市で、ロシアは親ロシア派武装勢力が一部を支配するドネツク州を含むドンバス地方との陸路接続を狙い、包囲網を狭めての完全攻略をもくろんでいる。

市内には市民がまだ多数残り、数百人規模のウクライナ軍兵士が徹底抗戦を宣言して籠城(ろうじょう)を続ける製鉄所「アゾフスターリ」も含めて人道危機の発生も指摘される。

プシリン氏は、同製鉄所はマリウポリの環境生態に否定的な影響をもたらしたと主張。製鉄所が復活しなくとも市をリゾートタウンにし、追加の雇用と歳入をもたらすようにすると述べた。

ロシアのプーチン大統領は今年の2月21日、ドネツク州と隣接するルハンスク州で親ロシア派武装勢力が樹立を主張した人民共和国の主権を承認していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]