NZのアーダーン首相、今夏の結婚式を中止 コロナ感染状況を受け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュージーランドのアーダーン首相は新型コロナウイルスの感染状況を受け、夏に予定していた自身の結婚式を中止すると明らかにした/Andy Jackson/Getty Images

ニュージーランドのアーダーン首相は新型コロナウイルスの感染状況を受け、夏に予定していた自身の結婚式を中止すると明らかにした/Andy Jackson/Getty Images

(CNN) ニュージーランドのアーダーン首相は23日、国内での新型コロナウイルスの感染状況を受け、この夏に予定していた自身の結婚式を中止すると発表した。

アーダーン氏は新型コロナに関する定例記者会見で、同国南島の町モトゥエカで1世帯9人のオミクロン株感染が確認されたと発表した。

この家族は先週末、北島の主要都市オークランドで結婚式と葬儀に参列し、遊園地や観光名所を訪れていた。これを受け、全国で感染警戒レベルが最大の「赤」に引き上げられた。

同氏は記者団に自身の結婚式を中止すると明かし、「(新型コロナ感染症の)パンデミック(世界的大流行)でこういう経験をしてきた多くの国民に仲間入りするだけ」と語った。中止を決めた心境を問われて、「人生とはそんなものだ」と答えた。

ニュージーランドは先月、オミクロン株への懸念を理由に、国境再開を2月末まで延期した。

ヒプキンス新型コロナ対策担当相は、再開の延期によって国全体を守り、オミクロン株の拡大を遅らせることができると説明。さらにワクチンの2回目と追加接種の間隔を6カ月から4カ月に短縮し、帰国者の隔離期間を7日間から10日間に延長することが閣議で決まったと発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]