日中防衛相がテレビ会談、ホットライン開設で合意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岸信夫防衛相は、中国の魏鳳和(ウェイフォンホー)国防相とテレビ会議形式で会談した/Japan Ministry of Defense

岸信夫防衛相は、中国の魏鳳和(ウェイフォンホー)国防相とテレビ会議形式で会談した/Japan Ministry of Defense

香港(CNN) 岸信夫防衛相は27日、中国の魏鳳和(ウェイフォンホー)国防相とテレビ会議形式で約2時間にわたり会談した。防衛省の発表によると、両氏は来年末までに日中間のホットラインを開設することで合意した。

中国側も声明でホットライン開設の合意を確認したが、具体的な日程には言及しなかった。

防衛省によると、岸氏は東シナ海の尖閣諸島周辺に中国公船が侵入を繰り返している動きをめぐり、一方的な現状変更の試みに反対すると述べて、重大な懸念を伝えた。

中国側はこれに対し、尖閣諸島の主権と海洋権益を改めて主張。日中は二国間関係の利益に重点を置き、東シナ海の安定維持に努めるべきとの立場を示した。

岸氏はまた、台湾海峡の平和と安定が日本の安全保障と国際社会の安定にとって極めて重要だと強調した。

さらに南シナ海情勢をめぐり、中国が海上警備の巡視船に武器使用を認めた海警法にも懸念を表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]