中国、春節の移動を厳しく制限 欧州各地でも年越しイベントが中止に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルス感染症の流行を受け、中国や欧州各地では年末年始のイベントの中止や移動の制限が行われている/CCTV via Reuters

新型コロナウイルス感染症の流行を受け、中国や欧州各地では年末年始のイベントの中止や移動の制限が行われている/CCTV via Reuters

(CNN) 世界各地で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、オミクロン株への懸念が指摘されるなか、中国政府は来年2月初めの春節(旧正月)に向けて厳しい移動制限を発表した。また欧州では年越しイベントの中止などが相次いでいる。

中国では例年、春節の大型連休に帰省や旅行で大勢の人が移動する。だが年明けにかけて感染力の強いオミクロン株が世界で広がることが予想されるうえ、2月には北京冬季五輪も予定されていることから、国家衛生健康委員会(NHC)は18日、国民の移動を厳しく制限する方針を明らかにした。

直近2週間に10人以上の感染者が確認された地域を「高リスク」、10人未満の地域を「中リスク」に指定し、どちらも春節期間中の住民の移動を原則として禁止。公務の出張や交通機関での勤務には特別な許可を取り、48時間以内に受けた検査の陰性証明を提示するよう求めた。「低リスク」地域の住民に対しても期間中は移動を控えるよう勧告し、市外へ出る場合は陰性証明を義務付けた。

欧州ではオランダが19日から新たなロックダウン(都市封鎖)措置を導入。フランス当局は17日、大みそかに屋外で開催される大規模イベントの禁止を発表し、来年初めにはオミクロン株が主流になると警告した。デンマークも映画館や劇場の閉鎖、店舗内の人数制限に踏み切る方針を示した。

イタリアではローマなど複数の都市で、新年の祝賀行事が中止された。ナポリを中心とする南部カンパニア州は今月23日から元日まで、公の場での宴会や飲酒を禁止。ベネチアも野外コンサートと大みそかの花火大会を中止した。

アイルランドは19日以降、レストランとバーの営業を夜8時までとし、屋内外のイベントの人数を制限する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]