アウンサンスーチー氏に禁錮4年、扇動などの罪 ミャンマー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
軟禁中の民間人指導者アウンサンスーチー氏に対して、扇動などの罪で禁錮4年の有罪判決が言い渡された/KOEN VAN WEEL/ANP/AFP/Getty Images

軟禁中の民間人指導者アウンサンスーチー氏に対して、扇動などの罪で禁錮4年の有罪判決が言い渡された/KOEN VAN WEEL/ANP/AFP/Getty Images

(CNN) クーデターで国軍が権力を握ったミャンマーで、首都ネピドーにある裁判所は6日、軟禁中の文民指導者アウンサンスーチー氏(76)に対し、扇動と新型コロナウイルス対策の規定に違反した罪で、禁錮4年の有罪判決を下した。スーチー氏に判決が下ったのは、国軍がクーデターによって権力を握った2月以降で初めて。

スーチー氏は「国家顧問」としてミャンマーの事実上の指導者だったが、クーデター以降は軟禁され、10以上の罪に問われている。量刑の最高刑を合計すれば100年以上の禁錮刑となる。

スーチー氏は汚職や無線機の違法輸入などの罪にも問われているが、スーチー氏はすべての容疑について否認している。支持者らは訴追は政治的なものだと訴えている。

大統領を務めていたウィンミン氏にも禁錮4年の判決が下された。

どこで禁錮刑が執行されるのかは不明。

国軍は裁判に関する情報を制限しようとしており、10月にはスーチー氏の弁護団にメディアで発言しないよう箝口令(かんこうれい)が敷かれた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]