イタリアで記録的豪雨、オマーン砂漠地帯で洪水 世界で続く異常気象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアで記録的豪雨

(CNN) イタリア北西部や乾燥した気候で知られる中東オマーンが相次ぎ異常気象に見舞われ、記録的な雨量を観測した。

イタリア北西部では12時間の雨量が742ミリを超え、欧州史上最高を記録。オマーンでは異例のサイクロン上陸で何年分もの雨が降り、年間を通じてほとんど雨が降らない砂漠地帯で洪水による死者が出た。

美しい自然と入り組んだ海岸線で知られるイタリア北部のジェノバ地方は3~4日にかけて暴風雨が続き、ミラノから約100キロ南西の町ロッシリオーネで925ミリを超す雨量が観測された。これは米シアトルで1年分、英ロンドンで1年3カ月分の雨量に相当する。

現地からの報道によると、各地で土砂崩れや洪水が相次いで数十人が救出され、キリアーノでは橋が崩落した。

この地域は普段から雨が多く、平年の降水量は年間平均で約1200ミリ。しかし今回はわずか12時間で750ミリ近い雨が降った。専門家によると、12時間の雨量としては、欧州の観測史上最も多かった。

ロッシリオーネから約32キロ西に位置するカイロモンテノッテでは4日、6時間の雨量がイタリアの観測史上最も多い500ミリを記録した。

世界各地の水害を記録している「フラッドリスト」によれば、近郊のビコモラッソでは1時間で180ミリを超す雨が降った。

その2日前、約5000キロ離れた中東のオマーンでは、サイクロン「シャヒーン」が北部に上陸。地元メディアによると、普段はほとんど降雨のないアルカブラで、わずか数時間のうちに300ミリを超す雨が降った。平年の3年分の雨が、約24時間で降ったことになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]