インドのコロナ死者、20万人以上に 1日の死者初めて3000人超える

個人用防護具(PPE)を着用して新型コロナウイルスの犠牲者を運ぶ遺族と救急隊員=27日、インド・ニューデリー/Prakash Singh/AFP/Getty Images

個人用防護具(PPE)を着用して新型コロナウイルスの犠牲者を運ぶ遺族と救急隊員=27日、インド・ニューデリー/Prakash Singh/AFP/Getty Images

(CNN) インドで報告された新型コロナウイルス感染症による死者は、27日までに20万人を超えた。

保健省が28日に発表したところによると、27日に報告された死者は3293人と、初めて3000人のラインを超え、新型ウイルス感染症による1日の死者数としては過去最多を記録した。

保健省の発表に基づくCNNの集計によると、同国で27日に確認された新規感染者は36万960人。7日連続で30万人を超えて、過去最多記録を更新した。

インドでこれまでに確認された感染者の累計は1799万7267人、死者は20万1187人に及ぶ。

同国は1月16日からワクチン供給を開始し、27日夜までに1億4772万7054回分を接種。2486万5044人が2回目の接種を受けた。接種が完了した人は、人口13億人のうち約1.9%にとどまっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]