スーチー氏、国家機密法違反で訴追 有罪なら禁錮14年も ネット遮断

拘束中のアウンサンスーチー国家顧問が国家機密法違反で訴追された/Koen Van Weel/ANP/AFP/Getty Images

拘束中のアウンサンスーチー国家顧問が国家機密法違反で訴追された/Koen Van Weel/ANP/AFP/Getty Images

(CNN) ミャンマーの軍事クーデターで拘束されているアウンサンスーチー国家顧問が国家機密法違反で訴追されたことがわかった。同氏の弁護士が1日、明らかにした。軍事政権は無線のインターネット接続を遮断し、情報統制を強めている。

英国植民地時代の法令違反に問われたことで、スーチー氏の訴追は5件目となった。今回はこれまでで最も重大な罪にあたり、ロイター通信によれば、有罪の場合最高14年の禁錮刑が宣告される可能性がある。

弁護士によると、スーチー氏は先月25日に、拘束されているオーストラリア人の経済顧問や他の複数の顧問とともに訴追を受けた。弁護士に知らせがあったのは30日になってからだったという。

スーチー氏は拘束されてから一度も公の場に姿を見せていない。ビデオ通話で出廷したスーチー氏の弁護士は、同氏が「いい健康状態」にあるように見えると語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]