イラク首都で2重の自爆テロ、13人死亡

自爆テロの現場をパトロールするイラクの治安部隊/Thaier al-Sudani/Reuters

自爆テロの現場をパトロールするイラクの治安部隊/Thaier al-Sudani/Reuters

(CNN) イラクの首都バグダッドで21日午前、2重の自爆テロが発生し、治安担当の当局者によると少なくとも13人が死亡した。

現場は人の多い市場で、治安部隊から追跡されていた2人の実行犯がそれぞれ自爆した。バグダッドが自爆攻撃の標的となるのはほぼ2年ぶり。

当局や国営メディアによると、1人目の実行犯は市場に入り、病気を装って助けを求めた。周囲に人が集まったところで自爆したという。

その後2人目の実行犯がオートバイで現場に乗り付け、自爆ベストを爆発させた。

イラクでの2重の爆弾攻撃は、宗派対立が最も激しかった2005~7年に頻繁に発生した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]