チュニジアの米大使館近くで自爆攻撃 1人死亡、5人負傷

爆発現場で実況見分を行う警察/FETHI BELAID/AFP/Getty Images

爆発現場で実況見分を行う警察/FETHI BELAID/AFP/Getty Images

(CNN) 北アフリカのチュニジアの内務省は6日、首都チュニスの米国大使館近くで同日、自爆犯2人が検問所を襲い、警官1人が死亡、5人が負傷したと報告した。

テロリストの犯行と非難した。米国務省によると、組織の犯行声明などは出ていない。

チュニジア内務省の報道担当者によると、実行犯2人は犯行で大量の爆薬を使用、乗っていたオートバイにも仕掛けていたという。

負傷者のうち4人が警官で、1人は民間人。米国務省によると、負傷者の1人は米大使館の現地採用者だった。米国人が巻き込まれたとの情報はない。

チュニジアは2011年、民主化要求運動「アラブの春」の発信地となり、他の中東諸国などにも波及。ただ、同国の民主化への過程は暴力事件に彩られ、複数の大規模テロ事件も起きていた。

多くのチュニジア人が過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」や国際テロ組織「アルカイダ」に加わってもいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]