ホッキョクグマの体に落書きか 行く末案じる声も

ホッキョクグマに落書き 狩りに影響も

(CNN) ロシアの雪原を歩くホッキョクグマの背中に、旧ソ連軍の主力戦車を示す「T34」の文字が――。ソーシャルメディア上で共有された動画に胸を痛め、クマの行く末を案じる声が上がっている。

クマの動画は今月1日、世界自然保護基金(WWF)ロシア支部の職員、セルゲイ・カーブリ氏がフェイスブックに投稿した。白い体に、スプレー塗料を吹き付けたように黒々と、大きな文字が書かれている。

カーブリ氏はコメントの中で、動画はロシア極東チュクチ自治管区の先住民からメッセンジャーアプリ「ワッツアップ」を通して入手したと説明しているが、撮影地は明らかでない。

ホッキョクグマの白い体は雪の上で保護色となり、狩りには都合が良いと考えられている。しかしこのクマは文字が目立ってしまい、狩りがしにくくなるのではないかと、カーブリ氏は心配する。

ロシア科学アカデミーの研究者も国営RIAノーボスチ通信に、黒い塗料はいずれ落ちる可能性が高いとはいえ、それまでの間はえさを取るのが難しくなるかもしれないと指摘した。

文字が書かれた理由は不明だが、カーブリ氏は何者かのいたずらとの見方を示す。

ホッキョクグマは近年、気候変動の影響による海氷の縮小で十分なえさを見つけられず、長距離を移動するようになってきた。北極圏にあるロシアのノバヤゼムリャ島には今年2月、50頭以上のホッキョクグマが押し寄せ、当局が非常事態宣言を出す事態となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]