ヒツジ1万4600匹乗った貨物船転覆、多数水死か 黒海

ルーマニア沖の黒海で羊1万4600匹を積んだ貨物船の船体の約半分が海面下に沈んだ/Pro TV

ルーマニア沖の黒海で羊1万4600匹を積んだ貨物船の船体の約半分が海面下に沈んだ/Pro TV

(CNN) ルーマニアの国営メディアは28日までに、同国沖の黒海でヒツジ1万4600匹を乗せた貨物船が転覆し、数千匹が水死した可能性があると報じた。

国営通信アジェルプレスによると、パラオ船籍の貨物船はルーマニアのミディア港を24日に出港し、直後に転覆した。船体の約半分が海面下に沈んでいる現場の写真も公開された。

同通信によると、24日午後の時点で約40匹が助け出された。現場の写真やビデオ映像は、海面上にまだいる船内の一部のヒツジが船の欄干から頭を突き出すような様子を伝えた。救出されたヒツジは小型船に移され、港まで運ばれた。

海面上に出ている船の側面から顔を出す羊/Pro TV
海面上に出ている船の側面から顔を出す羊/Pro TV

これまで救い出されたヒツジの数は不明。ただ、ルーマニアの緊急事態管理当局者は地元のCNN系列局「Pro TV」の取材に多くが溺れた可能性があると最悪の事態も想定。救助活動に動員出来る人員や船舶にも限りがあることも指摘した。

船には乗員22人がいた。アジェルプレスによると、海面に一時転落していた1人を含め全員が救助され、陸地に搬送された。

転覆の原因はまだわかっていない。Pro TVは今後の調査はいくつかの要因に焦点が当てられるとし、ヒツジが船内の特定の場所に集中的に集められて船体のバランスが崩れた可能性もあるなどと伝えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]