ペロシ議長と超党派議員団、ヨルダンとアフガンを電撃訪問

米下院のペロシ議長。超党派の議員団を率いて、ヨルダンとアフガニスタンを電撃訪問した/Chip Somodevilla/Getty Images

米下院のペロシ議長。超党派の議員団を率いて、ヨルダンとアフガニスタンを電撃訪問した/Chip Somodevilla/Getty Images

(CNN) 米下院のペロシ議長はこのほど超党派の議員団を率いて、ヨルダンとアフガニスタンを電撃訪問した。ペロシ氏の事務所が20日夜に発表した。

ペロシ氏らはこの週末にまずヨルダンを訪問し、王室メンバーと中東和平やシリア情勢について話し合った。

続いてアフガンではガニ大統領、政権ナンバー2のアブドラ行政長官らと治安問題や統治体制、経済開発などを協議。就任後初めて同国を訪れたエスパー米国防長官とも現地で会談した。

さらに首都カブール郊外にあるモアヘッド基地を訪れ、有志連合軍の部隊と対面した。

議員団は下院民主党のシフ情報特別委員長、エンゲル外交委員長、トンプソン国土安全保障委員長らと、共和党のソーンベリー議員の計8人。

ペロシ氏によると、一行はアフガン側との協議で汚職撲滅や反政府勢力タリバーンとの和平交渉に焦点を当て、交渉への女性参加を呼び掛けた。

ペロシ氏は声明で、現地の部隊や外交官から直接得た知識は、議会が対アフガン政策を監視するうえで大きな意味を持つと強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]