サーカスのシマウマ逃げ、高速道で事故起こし射殺 独

サーカスから逃げたシマウマが、交通事故を引き起こすなどしたため射殺された/BERND WUESTNECK/DPA/AFP/Getty Images

サーカスから逃げたシマウマが、交通事故を引き起こすなどしたため射殺された/BERND WUESTNECK/DPA/AFP/Getty Images

(CNN) ドイツ北東部テッシン町の警察などは2日、サーカスからシマウマ2頭が同日朝に逃げ出し、うち1頭が高速道路上に出没して交通事故や物的損害を生じさせたため射殺する措置を講じたと発表した。

残る1頭は無事に捕まっていたが、射殺された1頭は数時間にわたって姿を消していた。ロストック地区警察の報道発表文などによると、殺処分された1頭は午前8時ごろ、高速道路上で目撃され、近接距離で走行していた車2台の事故を引き起こしてもいた。

事故では負傷者は出ず、シマウマにもけがはなかった。この後、高速道路を臨時に閉鎖して、捕獲作業を開始。警察によると、シマウマは逃げ続け、乗用車のボンネット上を走るなどして車体に損傷を与えたという。警察車両1台も損壊し、警官1人が軽傷を負った。

この後、行方をまた絶っていたが、まもなく野原で見つかり、サーカスの担当飼育員がなだめようとしたがこれも失敗。最終的に消防当局の動物緊急救護隊が出動して、テルコー町近くで射殺の処分に踏み切ったという。即死だったという。

警察によるツイッターでの経緯の説明には、射殺ではなく気絶させるなどの措置を取らなかった理由を問う書き込みもあった。警察は、発砲に至る正確な状況を調べていると応じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]