化学工場で大規模火災 巨大な黒煙と悪臭、住民は外出控え フランス

化学工場で大規模火災、黒煙と悪臭立ち込める 仏北部

(CNN) フランス北部ノルマンディー地域のルーアンで26日未明、化学工場の大規模な火災が発生し、消防士130人あまりが出動して消火活動に当たっている。

火災は現地時間の26日午前2時40分ごろ、ルーアンにあるルーブリゾールの化学工場で発生。地元当局によると、近隣の13地区で学校や保育所などが休校となり、警察は工場近くの住民に対して移動を制限するよう呼びかけた。

工場からは黒煙が立ち上り、道路や車に油の残留物が付着しているという住民の苦情が相次いでいる。

ロイター通信によれば、現時点で負傷者などは報告されていない。地元警察によると、これまでの検査では、大気中の有害物質が危険な値に達している形跡はないという。

黒煙は北東へ移動しており、そうした地域が悪臭の影響を受ける可能性もある。

政府当局者は「貯水池があふれれば、セーヌ川に汚染物質が流れ込む可能性がある」としている。

ルーアンに住む男性はCNNの取材に対し、「夜中に大きな爆発音が聞こえたが、暴風だと思って慌てたりはしなかった。しかし午前6時半に起床してニュースを聞き、それ以降は閉じこもっている」と語った。

「火はまだ燃え続けていて、厚い煙の雲がまだ消えない。屋外は吐き気や肺の不快感を生じさせる強烈な臭いがする」という。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]