イランで拘束の豪研究者、スパイ罪で禁錮10年の刑か

英国系オーストラリア人でメルボルン大学講師のカイリー・ムーア・ギルバートさんは1年近く前から拘束されている

英国系オーストラリア人でメルボルン大学講師のカイリー・ムーア・ギルバートさんは1年近く前から拘束されている

(CNN) イランで拘束されたオーストラリアの女性研究者が、スパイ罪で禁錮10年の刑を言い渡されていたことが分かった。事情に詳しい関係者が18日、CNNに語った。

豪政府は先週、イランで同国籍の3人が拘束されていること、このうち1人は英国系オーストラリア人でメルボルン大学講師のカイリー・ムーア・ギルバートさんだということを確認していた。

イランでは外務省報道官が16日、豪国籍の3人のうち1人は昨年、スパイ罪で禁錮刑を言い渡されたと発言。その翌日、司法当局の報道官がムーア・ギルバートさんの裁判はこれからだと語るなど、情報が交錯していた。

同関係者がCNNに確認したところによると、ムーア・ギルバートさんは1年近く前に拘束され、すでに裁判で禁錮10年の刑を言い渡されている。

同関係者が17日に語ったところによれば、残る男女は7月、無人機で軍の施設など「禁止区域」の写真を撮ったとして拘束された。

2人は英国系オーストラリア人の女性と交際相手の男性。世界各地を訪れ、ユーチューブとインスタグラムに写真を投稿していた。

豪公共放送のABCは、2人がイランの首都テヘラン郊外の丘で拘束されたと伝えている。イランでは撮影機能のある無人機を飛ばす際、許可を得ることが義務付けられている。

バーミンガム豪貿易相は18日、拘束された3人には以前から支援を提供していると強調した。

英国のトラス国際貿易相も同日の記者会見で、事態を深く憂慮していると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]