一卵性の三つ子、銃犯罪で禁錮刑 英警察「同一のDNA利用」

三つ子のガブリエル兄弟に禁錮刑が言い渡された/Metropolitan Police

三つ子のガブリエル兄弟に禁錮刑が言い渡された/Metropolitan Police

ロンドン(CNN) 英ロンドンの裁判所は6日、銃器所持を共謀したとして、一卵性の三つ子に禁錮刑を言い渡した。警察は3人が同一のDNAを利用して罪を逃れようとしたものの、徹底した捜査で全員の関与を特定できたと強調した。

リッキー・ガブリエル被告とラルストン・ガブリエル被告(いずれも28)はセミプロのサッカー選手で、人命に危険を及ぼす意図で銃器所持を共謀したとして有罪となり、禁錮14年を言い渡された。

3人目のレイス被告は同罪及び他の3つの罪で有罪となり、禁錮18年を言い渡された。

事件では2017年4月、短機関銃1丁と半自動式拳銃1丁、回転式拳銃1丁、弾薬が武装警察によって押収された。三つ子は事件の被告8人の中で最後に訴追されていた。

ロンドン警視庁によると、昨年に男4人が有罪判決を受けた後、警察は拳銃のさらなる調査を行い、三つ子のDNAを発見。DNAで三つ子のうち1人を特定することは不可能なため、携帯電話や監視カメラから得た証拠を調べた結果、3人全員の関与が証明された。

ロンドン警視庁の幹部は「三つ子はDNAと外見が同一であることを利用し、自分たちの行動の報いから逃れようとしたが、捜査チームの尽力で彼らの試みを阻止した」としている。

英PA通信によると、判事は3人がいずれも危険な人物に武器を調達して引き渡すことを画策していたと指摘した。その人物は昨年、人命を危険にさらす意図で銃器を所持したとして、同じ事件で終身刑を言い渡された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]