機内持ち込み荷物に新生児、米国人女性を拘束 マニラ

マニラの空港で新生児を手荷物に入れて搭乗しようとした米国人女性が拘束された/NOEL CELIS/AFP/Getty Images

マニラの空港で新生児を手荷物に入れて搭乗しようとした米国人女性が拘束された/NOEL CELIS/AFP/Getty Images

(CNN) フィリピンの入国管理当局は4日、首都マニラの空港で米国人女性(43)がスーツケースに新生児を入れたまま機内に持ち込もうとして拘束されたと明らかにした。

同日午前6時20分頃、空港から当局に連絡が入った。現地のCNNは、生後わずか6日の赤ちゃんと伝えている。

女性に同伴者はいなかったとみられ、空港で自分のパスポートだけを提示した。職員がスーツケースの中を調べたところ、中に新生児が入っていたが、女性はその子のパスポートなどを持っていなかった。

女性は子どものおばだと主張したが、その証拠は示さなかったという。

フィリピン国家捜査局(NBI)の人身売買取り締まり部門が捜査を引き継いでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]