イエメンで市場に空爆 14人死亡、26人負傷

空爆による負傷者を治療する医師/Naif Rahma/Reuters

空爆による負傷者を治療する医師/Naif Rahma/Reuters

(CNN) 内戦が続くイエメン北部サアダ県で29日、市場が空爆を受けて、子ども4人を含む民間人14人が死亡した。反政府武装組織フーシが明らかにした。

フーシ側が運営している病院によれば、今回の空爆はサウジアラビア主導の連合軍によるものとされる。子ども14人を含む26人が負傷したとしている。

一方、連合軍側はCNNの取材に対し、イランが支援するフーシが意図的に罪のない民間人を襲撃したとしている。

サウジが支援するイエメン政府の情報相はフーシを非難した。フーシがロケット弾を使用したとしている。国連児童基金(ユニセフ)はツイッターへの投稿で、「子どもたちの殺害や負傷を伝える報道を受けて落胆した」と述べた。

イエメンでの内戦は2015年前半に始まった。フーシが国際的に認められた政府を駆逐し、ハディ暫定大統領は避難を余儀なくされた。衝突は急速に激化し、複数の国々が関与。サウジアラビアが湾岸諸国をまとめ、フーシに対抗している。サウジ主導の連合軍には米国も支援を行っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]