シンガポール政府のCM、俳優の扮装に「人種差別的」と非難

電子マネー普及キャンペーンの広告で、中国系シンガポール人の俳優がメイクや衣装を変えて他の民族に扮したことに対して非難の声があがった/mothership.sg

電子マネー普及キャンペーンの広告で、中国系シンガポール人の俳優がメイクや衣装を変えて他の民族に扮したことに対して非難の声があがった/mothership.sg

(CNN) シンガポール政府が主導する電子マネー普及キャンペーンの広告で、中国系シンガポール人の俳優がメイクや衣装を変えて他の民族に扮したことに対し、差別的との非難が集中した。

問題の広告では、俳優の周崇慶(デニス・チュウ)さんが肌の色を濃くするなどして1人4役を演じていた。マレー系女性の役では、イスラム教徒の女性が使うスカーフを着けて登場した。

広告はその後、取り下げられている。

シンガポールは中国系、マレー系、インド系の住民らが共存する多民族国家。ツイッター上では「現代のシンガポールでこんな差別的表現が飛び出すとは」「マレー人の役にはマレー人俳優を起用することもできたはず」と、批判の声が相次いだ。

一方で「私はマレー系だが広告は面白いと思った。こちらが中国人役を演じることもあり、失礼だとは思わない」という意見も書き込まれた。

広告の制作会社と周さんの所属事務所はCNNへの共同文書で、電子マネーのキャンペーンではだれもが使えるという点を訴えたいと強調。そのために、ものまねの名人として知られる周さんを起用したと説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]