ベネズエラでまた大規模停電 「電磁波攻撃」と政府

停電後の首都カラカスの路上。車やバイク、徒歩の人が入り混じる=22日/MATIAS DELACROIX/AFP/AFP/Getty Images

停電後の首都カラカスの路上。車やバイク、徒歩の人が入り混じる=22日/MATIAS DELACROIX/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 南米ベネズエラが22日、今年4回目となる大規模な停電に見舞われた。政府は敵対勢力による「電磁波攻撃」との見方を示している。

首都カラカスを含むほぼ全土で電力の供給が止まり、通信施設の約94%で障害が起きた。インターネットの接続状況を監視する非営利組織(NPO)ネットブロックスによれば、同国のネット接続サービスの約9割が停止した。

停電の正確な原因は不明。政府は電磁波攻撃と主張するが、攻撃の主体や手法の詳細には言及していない。

首都カラカスの道路を横断する人々=22日/YURI CORTEZ/AFP/AFP/Getty Images
首都カラカスの道路を横断する人々=22日/YURI CORTEZ/AFP/AFP/Getty Images

マドゥロ大統領は「祖国の平穏に対する犯罪的攻撃」に対処するため、軍を動員したと発表した。

ベネズエラでは経済危機の悪化にともない、日常的に停電が起きているが、これほどの大規模停電は3月に3回発生して以来。一部の遠隔地ではその後も、電力供給が数時間から数日にわたって不安定になる状態が続いていた。

政情不安と極端なインフレ、食料不足に停電が加わり、暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長率いる反政権派とマドゥロ政権派によるデモが繰り返されている。

マドゥロ氏は3月の停電について、米国による破壊工作だと主張。米国はこれに抗議して同国駐在の外交官を召還した。

グアイド氏は22日のツイートで、度重なる停電は「潜在的な人道危機」だと断じ、マドゥロ政権の「腐敗と無能さ」を非難した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]