異常に高濃度の放射線、沈没したソ連の原潜から流出 ノルウェー沖

沈没したソ連の原潜から高濃度の放射線、ノルウェー沖

(CNN) ノルウェー海洋研究所は、30年前に海底に沈んだ旧ソ連の原子力潜水艦「コムソモレツ」から、異常に高い濃度の放射線が漏れ出していると発表した。人や魚に危険が及ぶことはないとしている。

同研究所は遠隔操作方式の潜水艇を使って、約1600メートルの海底に沈んだコムソモレツを調査した。その結果、換気ダクト付近の海水のサンプルから、最大で通常の80万倍の放射性物質セシウムが検出された。

コムソモレツは冷戦時代の1989年4月、エンジンルームで火災が発生し、ノルウェーのビュルネイ島から約200キロ南西の海底に沈んだ。

研究所は1990年代から同艦の監視を続けており、換気ダクト付近からの放射線の流出は過去にも検出されていた。しかし前回コムソモレツの写真が撮影されたのは2007年だった。

ノルウェー放射線・原子力安全当局の専門家によると、換気ダクトから数メートル上で採取した海水からは、測定できるレベルの放射性セシウムは検出されなかった。

研究所が撮影した映像では、換気ダクトから白っぽい雲のようなものが流出する様子が確認された。高い放射線が検出されたのはこの辺りだったことから、研究チームは放射線との関係を調べている。通常の80万倍のセシウムは、毎回検出されたわけではなかった。

コムソモレツの監視は今後も続ける予定だが、放射線の値が危険な水準には達していないこと、汚染物質は海水に溶け込んですぐに希釈されること、これほどの深海に生息する魚はあまり水揚げされないことなどから、現時点で危険性はなさそうだと専門家は判断している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]