タリバーンが国防省施設を襲撃 6人死亡、116人負傷 アフガン首都

爆発によって上がる煙=1日、カブール/Rahmat Gul/AP

爆発によって上がる煙=1日、カブール/Rahmat Gul/AP

アフガニスタン・カブール(CNN) アフガニスタンの首都カブールにある国防省の関連施設で1日、反政府勢力タリバーンによる襲撃があり、当局によれば、少なくとも6人が死亡し、116人が負傷した。

タリバーンが犯行声明を出した。

内務省によれば、現地時間午前8時55分ごろ自動車爆弾が爆発した後、襲撃が行われた。

当局によれば、負傷者のうち51人が子どもだった。教育省によれば、襲撃によって学校5校が被害を受けた。

治安部隊が8時間にわたって戦闘を行い、武装勢力を鎮圧した。国防省の関連施設を襲撃した戦闘員5人全員が死亡したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]