6歳のひ孫を空気銃で殺害、77歳曽祖父が罪状認める 英

空気銃で撃たれて死亡したメットカーフ君のひつぎ。曽祖父が殺人の罪を認めた/Danny Lawson/PA Images via Getty Images

空気銃で撃たれて死亡したメットカーフ君のひつぎ。曽祖父が殺人の罪を認めた/Danny Lawson/PA Images via Getty Images

(CNN) 英イングランド北部イーストヨークシャーで、77歳の男が6歳のひ孫を空気銃で撃って殺害したとして殺人などの罪に問われ、10日に裁判所で行われた罪状認否で起訴内容を認めた。

曽祖父のアルバート・グラノン被告(77)は2018年7月26日、ひ孫のスタンリー・メットカーフ君(当時6)を空気銃で撃って死亡させたとして、殺人と火器の不法所持罪で起訴された。

英PA通信が検視法廷の審理内容として伝えたところによると、スタンリー君は腹部をペレット弾で撃たれ、負傷して死亡した。

遺族は事件後に発表した談話の中で、スタンリー君を「活発で元気いっぱいだった」と回想していた。

事件を担当した捜査員のレベッカ・ディッキンソン氏によると、グラノン被告はこれまで、事件について心から悔いる様子を見せていなかった。「私たち捜査員にとっても、ひどく心をかき乱される事件だった」と同氏はコメントしている。

PA通信によれば、グラノン被告は条件付きの保釈が認められた。判決は7月2日に言い渡される。

ピーター・ケルソン裁判官はグラノン被告に対し、「本件は悲劇的であると同時に極めて深刻であり、禁錮刑が言い渡される可能性が大きい。その心構えをしておかなければならない」と告げた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]