フィリピン中間選挙、親ドゥテルテ派が圧勝 子ども3人も当選

投票を終えたことを示すインクを塗った指先を見せるフィリピンのドゥテルテ大統領/MANMAN DEJETO/AFP/AFP/Getty Images

投票を終えたことを示すインクを塗った指先を見せるフィリピンのドゥテルテ大統領/MANMAN DEJETO/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 13日投票のフィリピン中間選挙でドゥテルテ大統領が所属する与党「PDPラバン」を中心とする勢力が圧勝し、同氏の子ども3人も市長選などを大差で制した。ドゥテルテ政権が基盤をさらに固める結果となった。

中間選挙では議会や州知事など1万8000以上のポストが改選された。各地で暴力や票の買収、集計装置の不具合なども報告された。

ドゥテルテ氏の出身地、南部ダバオでは長女のサラ・ドゥテルテ市長が58万440票を獲得して再選を果たした。対立候補は4270票にとどまった。副市長には次男セバスチャン氏が無投票で当選した。

元副市長の長男パオロ氏は下院選に出馬し、19万7370票と、次点候補の5135票を大きく引き離して当選した。

上院選は開票率98%の時点で、改選12議席のうち9議席をドゥテルテ政権の公認候補が占めている。この中には前大統領補佐官のゴー氏、強硬な麻薬取締作戦を率いた前国家警察長官のデラロサ氏、マルコス元大統領の長女アイミー氏らが含まれている。残る3人の当選者も正式な野党候補ではなかった。

ドゥテルテ氏は3年前の就任以来、強権的な政策にもかかわらず国民の人気を集めてきた。今月初めの世論調査でも支持率が72%に達していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]