スリランカ国防担当相、連続爆発は「NZモスク銃撃の報復」

国防担当相は、ニュージーランドで起きたモスク銃撃事件への報復として連続爆発が引き起こされたとの見方を示した/James Griffiths/CNN

国防担当相は、ニュージーランドで起きたモスク銃撃事件への報復として連続爆発が引き起こされたとの見方を示した/James Griffiths/CNN

(CNN) スリランカで21日に起きた連続爆発事件について、同国のウィジェワルダナ国防担当相は23日、ニュージーランドのモスク(イスラム教礼拝所)銃撃事件への報復としてイスラム過激派が実行したとの見方を示した。

ウィジェワルダナ氏は同日の議会で、初期段階の捜査では「急進的なイスラム集団」による犯行が疑われていると報告。「ナショナル・タウヒード・ジャマート(NTJ)」というグループの名前を挙げた。

今のところ、この事件で犯行声明は出ていない。

ニュージーランド南部クライストチャーチのモスクで先月15日に起きた銃乱射事件では、礼拝に集まったイスラム教徒ら少なくとも50人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]